Left_related_post

Left_related_post

アイラインを上手に引く方法

ライター: 河方 扶実子

%e5%a5%b3
  • アイラインを上手に描けないあなた!ペンシルアイライナーなら簡単!

はじめに

  • ペンシルアイライナー

目力を強める方法として、アイラインとマスカラは欠かせないアイテムです。

マスカラに比べて難しいのがアイライン。

「アイラインがうまく引けない」と悩んだ人も多いでしょう。

リキッドタイプのアイラインはハッキリしていて、目力を強めてくれますが、ごまかしが効かない分、初心者に難関。

ここでは、誰でもアイラインをじょうずに引く方法をお教えします。

やりかた

黒よりもブラウン!

モデルや女優さんの大きな目を縁取るくっきりしたアイライン。

大抵、リキッドアイライナーで目元から目じりに向かって一気に引いています。憧れますね!

でも、初心者がリキッドアイライナーを使って、じょうずにアイラインを引くのは難しいもの。

はっきり描かれるだけにごまかしが利きません。

その点、ペンシルタイプなら、少しずつ描けるし、黒よりブラウンなら柔らかい印象で少しぐらいラインがゆがんでもごまかせます。

初心者は、なめらかにかける柔らかめのブラウンのペンシルライナーを使うことをおすすめします。

まつ毛の間を埋めるように!

まつ毛の間を埋めるように! 鏡を見降ろすようにすると、アイラインがうまく引けます

鏡を下に置き、左手でまぶたを少し持ち上げるようにしながら、一気に引こうとせず、まつ毛の間を埋めるように、少しずつアイラインを引きましょう。

アイラインのスタートは黒目の外側。

目頭側は細めに、目じりに向かうにつれて太くなるように引きましょう。

少々、ラインが乱れてもあとで綿棒でぼかすので、大丈夫。

怖がらずにトライしましょう。

仕上げに綿棒でぼかす!

仕上げに綿棒でぼかす! 綿棒でぼかすと柔らかい雰囲気に!

仕上げは、綿棒でぼかすか、指でたたくように、先につけたアイシャドウになじむように、ぼかします。

目じりは少し上げ気味にします。

そうすれば、優しい中にもきりっとした印象が生まれます。

その後、ビューラーを使ってまつげを上げ、マスカラをつけましょう。

マスカラをじょうずに使えば、つけまつげをつけることもありません。

マスカラはまつげを長くみせるタイプと、ボリュームを出すタイプがあります。

自分のまつげのタイプに合わせて選びましょう。

最近は、水やお湯で洗い流せるタイプのマスカラも販売されているので、手軽に使うことができます。

アイシャドー、アイライン、マスカラで目力をアップすれば美人度が上がること、間違いありません!

この記事に関連する記事

この著者が参照している記事